パスポート:(1)新規申請。至急! パスポートを作りたいのですが、戸籍謄本もしくは戸籍抄本がありません。戸籍抄本なら未成年でも親の委任状など無しで発行することはできますか?
また、戸籍が親と子が違うことはありますか?両親は離婚していませんパスポートの発給申請には戸籍謄本か戸籍抄本が必要です。戸籍謄本、戸籍抄本は本籍地の役所に請求してください。本籍記載の住民票を取得すれば「本籍」と「戸籍筆頭者」が記載されています。本籍地が遠方の時は郵送で請求するのが普通です。親の委任状など必要としません。あなたの戸籍謄本を取得すればよいのです。取得する方法などは役所に行ったときに尋ねてください。
① 未成年者でも、戸籍謄本?戸籍抄本は交付申請可能です。なお、戸籍が電子化されていると、戸籍全部事項証明書?戸籍個人事項証明書とよばれます。
??戸籍謄本?抄本は、本籍がある市区町村役場でしか発行できません。また、本籍の町名地番と筆頭者氏名が正確にわからないといけません。
??交付申請にあたり、本人確認書類が必要です。
運転免許証?写真つきマイナンバーカード等なら一点。
健康保険証と写真つき学生証の二点の組み合わせなどです。
→市区町村役場の場合、本人確認書類が不足しても、本人しか知り得ない情報の聞き取りにより対応してくれることがあります。
しかし、パスポート旅券の発給申請の場合は必ず必要になります。
② 「両親は離婚していません」というのは、ご両親は婚姻継続中ということですか?
それなら、普通は未成年者ならご両親の戸籍に在籍していると思われます。
ただし、たまに相続対策などで祖父母の幼少になっているなど、実父母とは別の戸籍に在籍していることがあります。このように養子縁組していると、親権者が実父母ではなく養父母になっていることがあります。
→本籍?筆頭者氏名はご家族に確認してください。
??未成年者が旅券の発給を申請する場合、一般旅券発給申請書の裏面に、海外渡航するにあたって「法定代理人の同意するという署名」が必要です。
法定代理人は、未成年者の親権者または未成年後見人です。
→市区町村役場の窓口に旅券発給申請書未成年者は五年用がおかれていることがあります。
1 戸籍は未成年でも取得可能ですが、小中学生などだと役所で受付してくれない可能性はあります。また、戸籍は住所地にあるとは限らないです。戸籍の発行は本籍地のみで可能です。 あなたが15歳以上で、本籍地の役所に行き、正しい本籍を書いて、身分証として免許証x1あるいは保険証と学生証の2点を提示するなら、問題なく発行してもらえます自分の戸籍を取るのに委任状は不要2 あなたの父母が婚姻中で、あなたが祖父母などと養子縁組などをしていないなら、あなたは親の戸籍にいます。ご存知かとは思いますが、未成年がパスポートを申請するときには、パスポート申請用紙に親法定代理人の署名が必要です。また、本人が申請する際、身分証が必要で、保険証だけでは不足です詳しい身分証の定義はお住いの都道府県のパスポートセンターのサイトで確認ください
>戸籍抄本なら未成年でも親の委任状など無しで発行することはできますか?自分の分を取得するのに委任状など不要身分証明書は必要です。また、取得するときに「抄本だから」「謄本だから」と言った違いはありません。不要な場合はどちらも不要ですし、必要な場合はどちらの交付でも必要です。>また、戸籍が親と子が違うことはありますか?両親は離婚していませんあなたが未成年で未婚ならありません。