二級建築士。建築関係、法律に詳しい方に教えて下さい。2016年の10月に建売の新築を購入しました。最近、リビングの扉が完全に閉めた状態で上部が壁に引っ付いてる状態で下部が2?3mm隙間があるのを発見
しています。これは欠陥住宅ですか?購入した不動産屋に言えばどうにかなるものですか?仕方ない程度ですか?どのような事が出来る出来ないなど些細な事でも教えて頂けると幸いです。宜しくお願いします!こんばんは。
お宅のリビングには24時間運転する換気扇は付いているでしょうか?
もしリビングには付いていなくて、トイレの換気扇に24時間換気の表示があるのであれば、ドアの下の隙間は通気の為の隙間になります。
2?3mmとありますが、通常は5~10mm程の隙間があって正常です。
建物の図面があれば空気の流れる方向が矢印で記入されていると思います。
ドアの下の隙間はどうしても上の方向から見ますので2~3mmに見えるかも知れませんが、床に顔を付けるくらいにして測ってみて下さい。
10mm程の隙間があっても、何ら問題はありません。
質問には直接関係はありませんが、何も調べる前から欠陥住宅などということを言わない方がいいと思います。
不動産屋さんの心情も悪くなり対応が悪くなる恐れもあります。
回答して頂きありがとうございます。知恵袋のなかでしか使っていませんが欠陥住宅という言葉を安易に使い閲覧者に不快な思いをさせてしまいすみません。リビングに24時間換気はついていませんが、家すべての各窓に換気口みたいなのはついていますが、これがあっても扉をずらすものですか?教えて頂けると幸いです。
二級建築士。二級建築士 インフォメーション「試験について」では、二級建築士試験合格に役立つ情報が満載。 。 から申請のあった開講科目について指定科目に該当することを公財 建築技術教育普及センターが確認した科目については、 公財建築技術教育普及センターのホームページにより確認して下さい。 。 建築物の耐震診断建築物の耐震改修の促進に関する法律第2条第1項に規定する耐震診断をいう。 。 建築工学関係 大学院での建築に関する研究具体的な研究テーマにより判定 。 詳しい講座情報をお届けします!